道路メンテナンス業務

建設された道路は日々消耗しています。
計画的に維持管理を行うことで、性能が保たれ安心して利用することができます。
また、さまざまなシステム機器は長期に渡り信頼して利用できるよう日々メンテナンスが必要です。
正確な情報伝達や安全な道路を維持するためにヒロツはメンテナンスを行っています。

電気通信メンテナンス(Electric communication maintenance)

道路・橋梁・トンネルにはたくさんのシステム機器が構築されています。
他のメーカーの機器も含めて24時間対応で機器の監視と保守を行います。

道路にはトンネル非常警報設備、道路情報表示、走行支援、気象観測システムなど、あらゆる電気通信機器があり、道路を利用する人々の安全を守り続けています。その機器に損傷等が生じると大変な交通事故等がおき、人の命に関わる問題になる場合もあります。そこで私たちは、この事をしっかり認識し、一人一人が責任を持ち日々メンテナンスを行っています。

トンネル非常警報設備

トンネル情報板・非常警報装置・遠隔監視盤


各種制御装置

管理サーバ・ホストコンピュータ・データ受信装置


各種観測装置

風向風速計・雨量計・積雪深計・水位計・画像伝送装置 等


各種表示機

トンネル情報板・道路情報提供装置・異常気象道路情報板・凍結注意表示機 等 


メンテナンス対応機器

  • 異常気象道路情報板
  • 道路情報提供装置(A型・HL型)
  • トンネル非常警報設備
  • (受信制御機・監視盤・モニター盤・主制御装置・副制御装置・補助警報装置・警察表示板・押釦式通報装置)
  • ラジオ再放送設備
  • 各種観測装置
  • (雨量計・水位計・風向風速計・積雪深計・霧検知計・車両検知計・画像伝送 等)

  メンテナンス実績

広島県・山口県・岡山県・島根県・鳥取県・愛媛県・広島市・呉市・三次市・安芸高田市・北広島町・岡山市・今治市(常時1000基以上の機器をメンテナンスしています)

舗装・橋梁メンテナンス(Pavement&Bridge maintenance)

建設された道路は日々消耗していきます。計画的に維持管理を行うことで、性能が保たれ安心して利用することができます。また、さまざまなシステム機器は長期に渡り信頼して利用できるよう日々メンテナンスが必要です。正確な情報伝達や安全な道路を維持するためにヒロツはメンテナンスを行っています。

交通量の増大、重車輌の通行等から起こる舗装のひび割れや劣化は年々激しくなっているのが現状です。
また、道路を工事するのに舗装工事は費用がかさみ、時間も大幅にかかります。

道路のひび割れ

道路の破損

マイアナス橋
(建設後わずか25年で崩壊した)

マンハッタンの道路
(バスから子供が降りられない惨事まで起こった)

クラックカットシール

予防保全や軽微な痛みの補修コスト軽減、長期にわたる性能維持が可能となりました。

  クラックカットシールの特徴

  1. 予防保全工法である。
  2. 舗装の寿命を延長する。
  3. 舗装補修費を抑制する。
  4. 交通環境を改善する。
  5. 工期の短縮をはかる。
  6. 早期診断と早期改修をする。

  クラックカットシール工法の施工手順

工期短縮、トータルコストの抑制、道路舗装メンテナンスに優れています。

1.施工前

2.施工前(拡大)

3.施工

4.施工後

  クラックカットシールの効果

①早期診断と早期改修が行えます。

長期舗装性能プログラム(SHRP)による予防保全工法の導入

②事後保全よりも長い年数、道路の状態を保つことができます。

予防保全と事後保全の比較グラフ

予防保全(クラックカットシール)を導入すると

MMジョイント(高耐久型 防水ジョイント)

道路施工に優れ、施工費・維持管理費を縮減する埋設タイプの高性能ジョイントです。

  走行性能

埋設ジョイントは路面に間隙や段差がなく、走行時に衝撃を感じません。

  耐久性

6000往復の伸縮試験でも損傷が無い事が実証された、優れた耐久性があります。

  施工が容易

構造がシンプルなため、施工時間が短く、転圧作業用機材以外の施工機械が必要ありません。

  防水性

舗装、床版との境界に柔軟性・付着性に優れたマトリクス502バインダーを3層も塗り込む事で実現した、漏水が発生しにくい優れた防水性能です。

  構造図


ニュースリリース

2015/11/26
  お知らせ   ホームページをリニューアルしました!今後とも株式会社広津産業をよろしくお願いいたします。
TEL: 082-927-3471
メールフォームはこちら